施設・病院の担当者は実際に面接を行う前に履歴書・職務経歴書を見るだけで、おおよその仕事ぶりを把握することが出来ます。
しっかりとした履歴書・職務経歴書は介護士さんの本当の価値を正しく施設・病院の担当者に伝え、より良い転職を行う為の心強い力になります。
採用担当者がもっとも望む履歴書とは、ビジネス文章に則り、丁寧に書かれた履歴書です。
文字、写真、色、においなどすべてをチェックしています。
誤字・脱字をなくし、一生懸命に書けば転職への意欲が伝わりますので、しっかりと丁寧に書きましょう。
記入日ではなく、提出日を記入します。
郵送の場合はポストへの投函日を記入しましょう。
楷書体で大きくきれいに書きましょう。
文字の「はね」や「止めに」気をつけて書くときれいに書くことができます。
氏名の横には押印を忘れずに。
印鑑の基本は「かすれない」「曲がらない」「にじまない」の3点です。
失敗してしまったら面倒でも書き直しましょう。
都道府県名から省略せずに書きましょう。住民票の表記通りが望ましいです。
応募先企業からの郵便物がきちんと届くようにビル、マンション名も書きましょう。
フリガナは漢字にのみフリガナを書きます。
履歴書を広げたときに、目に飛び込んでくるのが写真です。
服装や髪形など、身だしなみを整えて、出来る限り専門のスタジオで撮影したものを使用しましょう。
スナップ写真の切り抜きなどは厳禁です。
小学校と中学校は卒業年月のみ、または職歴が多い場合には省略し、高校卒業から始めてもOKです。
書いておくことで同郷や出身校が同じなど、
意外な話題になることもあるので書ける際は書いた方がよいでしょう。
また、学校名は正式名称で記入し、県立・私立なども書き忘れないように。
入学、卒業年度早見表
会社ごとに、所属部署と担当職務を記入しましょう。
会社名を記入する場合は正式名称で書き、株式会社を(株)などと略さずに書きます。
資格は応募先に合わせて必要なものだけを書きましょう。
書く際は取得日が早いものから順番に正式名称をしっかりと調べてから記入して下さい。
履歴書の中で唯一自分の意思を示すことができる場所です。
どこにでも通じるような内容ではなく具体的な動機を時間をかけて考えましょう。
前職での経験やスキルを書くこと大切です。
※履歴書は手書きが一般的です。
職務経歴書は履歴書では伝わらない「能力」と「経歴」をアピールするための書類です。
特に「結果」や「要因」は施設・病院に対してアピールする部分になるので具体的な数字を用いて、
しっかり書いていきましょう。

職種・職位

職務経歴書は履歴書では伝わらない「能力」と「経歴」をアピールするための書類です。
特に「結果」や「要因」は施設・病院に対してアピールする部分になるので具体的な数字を用いて、
しっかり書いていきましょう。

職務内容

今まで勤めていた職場とそこで担当していた業務を、時系列に沿って書いてください。
ただし「介護職」と、一言で済ませるのではなく「○人入所の施設にて、
一般介護職員として入所。主に○○を担当」などとなるべく丁寧に書くことがポイントです。

実績・目標

勤めていた職場での実績や目標をなるべく細かく入力します。
具体的な数字や達成率などを記載すると、より面接官に伝わりやすくなります。
あなたの能力や実績を伝えることができる箇所なので可能な限り長く細かく記入しましょう。

職業別の実績・目標書き方例

介護職(訪問介護)

ヘルパー取得後、訪問介護員として5年のキャリアがあります。現在の職場には20人以上の幅広い年齢層のスタッフが在籍しているのですが、傾聴とチームケアの重要性を忘れずに“元気よく、明るく”を信条に頑張っています。ターミナルケアも経験しており、重介護の技術を吸収することも出来ました。最近では、利用者様やご家族から悩みや介護相談などを受ける機会も増え、いっそう在宅介護のやりがいや重要性を感じています。

介護職(有料老人ホーム)

有料老人ホームにて勤務して8年。身体介護、食事介助、入浴介助、排泄介助に加え、環境改善やレクリエーション担当の経験もあります。特に環境面ではノロウイルスへの対処方法を学習し他スタッフと共有しました。レクリエーション担当としては、入居者様に楽しんでいただけるような日々の活動や、行事をメンバーと共に立案・実行しています。現在フロアリーダーをしていることもあり、介護スタッフだけでなく看護師やケアマネ、相談員、PT、フロント等との連携の大切さをしっかりと学んできました。

介護職(特別養護老人ホーム)

入所70名・短期入所30名の特別養護老人ホームでの介護常勤職員として4年の経験があります。多床室と個室、従来型とユニット型の混在した施設での介護業務を経験していることから、多様な環境におけるケアのあり方を考え続けてきました。また、前職では一般棟のほかに認知症棟も担当しました。さまざまな年齢や立場の方と共に同じ志をもって仕事をしていたので、チームワークの重要性を学び、実践に活かすことができました。

介護職(グループホーム)

1ユニット9人の利用者様の排泄介助、入浴介助、食事介助、レクリエーション、ご家族への近況報告、個人担当のケアプラン作成などを経験してきました。特に音楽レクリエーションは多く実践してきており内容に自信があります。グループホームでのケアを通じ、利用者様の日常の小さなサインを見逃さないようにする心掛けの大切さを学ぶことができました。

介護職(デイサービス)

1日最大15名の利用者様に対しての送迎運転、入浴介助、排泄介助、食事介助。リハビリ訓練補助、レクリエーション活動などを担当してきました。また泊りつき小規模デイサービスの介護職としての経験もあり、管理者や他のスタッフとともに、困難事例にも数多くチャレンジしてきた実績があります。レクリエーションや行事委員として各種企画・運営にも携わってきましたので、その行事の成功事例は自分の財産となっています。

ケアマネージャー

非常勤ケアマネとして前任者より30件ほどを引き継ぎました。利用者様の家が近いこともあったので、月2~3回様子を見に訪問したり、まめに電話連絡を取ったりといつでも話を聞けるよう心がけていました。現在は正職員として就業しており、忙しく毎日を過ごしていますが、さらなるステップアップのため主任ケアマネを目指して勉強中です。

サービス提供責任者

サービス提供責任者として、新規の利用者様の契約、介護計画書・手順書等の作成、ケアマネジャーへの報告・相談、シフトの管理調整、同行、担当者会議への出席など、日々おこなってきました。仕事を進める上では、ヘルパーさんとのコミュニケーションを大切にしてきました。

生活相談員

グループ内のデイサービス施設から新施設立ち上げに伴い介護福祉士として異動し、利用者様の食事介助、排泄介助、送迎業務など生活支援全般を行ってきました。2年前より施設長からの推薦もあり、生活相談員として通所介護計画作成、モニタリング、スタッフ指導やシフト作成、事業所内外の連携業務など活躍の幅を広げてきています。現場一人ひとりの想いを共有することの大切さを学ぶことができました。

管理者(有料老人ホーム)

有料老人ホームの管理責任者として、3施設のべ10年の経験があります。現職のホームでは施設が新設されるタイミングから携わり、入居者様の獲得、オープニングスタッフの採用・育成、各業者との交渉を主に担当してきました。規模は100名程度ですが、3ヵ月で満室とし、入居率95%以上を維持してきています。事業全般、特に計数管理を強みとしながらも、入居者様、ご家族、スタッフが充実した毎日を過ごせるような暖かい拠点作りを心掛けています。

管理者(訪問介護)

訪問介護事業所の管理者として8年務めており、事業所運営全般の業務を行ってきました。以前はヘルパーとサービス提供責任者を兼務していましたが、当時から介護の質とチームワークを重視して取り組んできた結果、困難事例などで成果を重ね、地域からの信頼を得ることができました。管理者としてはメンタルケアを強化することで職員の離職率の抑制を実現し、第三者評価機関からも高い評価を得ることができました。

介護職以外の職務経歴

介護職以外の職務経歴についても面接官は注目しています。
可能であればその職場で身に付けた、介護で活かせる能力などを記入できると良いでしょう。
※提出先に合わせてパソコンでプリントしたものと手書きしたものと選んでお使い下さい。
封筒の書き方にも人柄が表れます。
封筒だと気を抜かず、住所や氏名が間違っていたり、白色の封筒以外を使うなど、
履歴書を見てもらう前にマイナスの評価を貰わないようにしましょう。
下の画像を参考に丁寧に記入してください。

弊社では東海3県(愛知・岐阜・三重)で転職を希望する介護士さんのために転職相談を行っています。
履歴書や職務経歴書の手伝いや、条件に合う求人探しのサポートなど、どんなことでも弊社にご相談下さい。
専門のスタッフがご希望の条件や不安を伺った上で転職のサポートをさせて頂きます。
また、弊社では厳選した約200施設の求人を取り扱っております。
長年お付き合いのある施設・病院から頂いたとっておきの求人を掲載させて頂いておりますので、
是非1度ご覧になってはいかがでしょうか?
相談をご希望の方はページの下記のボタンより専用のサイトへご移動下さい。
もちろん相談は無料ですので安心してご相談下さい。